iphone8の発売時期は間にあうのか

subpage01

2017年にiPhoneはトータルで3モデル発売されると言われている中、iPhoneが発売されてから10周年を記念してリリースされるiphone8は発売時期が遅れていたり、TouchIDが端末の背面に移動するかもという観測が出ています。
ところが最近ではAppleは問題なくディスプレイ内にTouchIDが埋め込まれたiphone8が9月にリリースできるといわれています。

リリース情報ではiphone工場ですでに次世代iphoneの3モデルが1日200台ペースでテスト生産されていてiphone8のリリースが遅れることはないと予測されています。



最近台湾のメディアでもiphone8の生産は11〜12月にずれ、iPhone7s/7sPlusも通常よりも約1〜2ヶ月遅れの8月前半に量産開始する見通しであると報じています。

7月後半にテスト生産していると経過が通常よりも遅れていることに変わりはありませんが、9月リリースはApple側としてはリリースの恒例を崩したくないと予測されます。

情報の正確さがあるリーク情報であることから、8月前半から量産されて9月に間に合うかが注目されています。

毎日新聞について詳しく書かれています。

間に合った場合であっても極度の品薄となる可能性が高いです。
指紋認証センサーのディスプレイ内埋め込みはテスト端末で成功しているという情報が出ています。



配置はまだ判明していませんが、背面に搭載されているか電源ボタンに埋め込まれているか、廃止になるかは正確にわかっていません。