注目のiphone8のデザイン

subpage01

iphone8では丸みをおびた水滴型の本体デザインになるということと、画面がほぼフルディスプレイになるというのが特徴です。

画面は立体的になるということですが、なぜこのようなことができるかそれは有機ELを画面に使用しているためです。
有機ELなら曲面でも表示させることができるようになるため採用されているのです。



また有機ELの採用は発光ダイオードを組み合わせているということでディスプレイ自らが光を出して表示するという方法になります。

朝日新聞デジタル情報を楽しくお得に利用しましょう。

これまでの液晶ディスプレイのようにバックライトが不要になるため本体をより薄くすることができるということと、省電力化をはかることができるようになるのです。


iphone8は本体ついていたホームボタンは廃止されるということで、その機能は画面の中に埋め込むことになります。


ホームボタンがなくなると認証をする方法も変わってくることになります。
指紋でタッチしていたという方法ではできなくなるためiphone8では指の音波を拾って認証するという方法に変わります。



その機能は本体背面にもたせることになります。


カメラの機能としては本体背面に2つ並んで取り付けられます。
そのカメラで3Dを撮影することができるようになります。


他にもワイヤレス充電を行うことができるようになる、防水機能がアップするなど新たな機能を追加されるということになります。


本体のデザインはこれまでと違いイメージは大きくかわります。